English

Japanese

研究業績

現在、業績の整理中です。表示される情報は不完全な可能性があります。

2018年度

学術論文

  1. T. Kamiya, M. Tanaka, K. Sano, and A. Fujimaki: “Energy/space-efficient rapid single-flux-quantum circuits by using π-shifted Josephson junctions,” IEICE Trans. Electron., vol. E101-C, no. 5, pp. 385–390, 2018. DOI: 10.1587/transele.E101.C.385
  2. 【招待論文】K. Sano, M. Suzuki, K. Maruyama, S. Taniguchi, M. Tanaka, A. Fujimaki, M. Inoue, and N. Yoshikawa: “Thermally assisted superconductor transistors for Josephson-CMOS hybrid memories,” IEICE Trans. Electron., vol. E101-C, no. 5, pp. 370–377, 2018. DOI: 10.1587/transele.E101.C.370
  3. 【招待論文】K. Ishida, M. Tanaka, T. Ono, and K. Inoue: “Towards ultra-high-speed cryogenic single-flux-quantum computing,” IEICE Trans. Electron., vol. E101-C, no. 5, pp. 359–369, 2018. DOI: 10.1587/transele.E101.C.359

国際会議

  1. 【基調講演】M. Tanaka and A. Fujimaki: “Cryogenic energy-efficient, high-performance computing,” 6th International Conference on Superconductivity and Magnetism, Antalya, Turkey, May 2018.
  2. K. Pomorski, P. Peczkowski, P. Prokopow, and A. Fujimaki: “Modeling and implementation of superconducting classical and quantum mind,” 6th International Conference on Superconductivity and Magnetism, Antalya, Turkey, May 2018.
  3. P. Peczkowski, K. Pomorski, P. Prokopow, M. Kowalik, W. Woch, and A. Fujimaki: “Modeling and implementation of programmable field induced Josephson junctions,” 6th International Conference on Superconductivity and Magnetism, Antalya, Turkey, May 2018.

国内学会・研究会

  1. 石田浩貴, 田中雅光, 小野貴継, 井上弘士: “単一磁束量子回路を用いたゲートレベルパイプライン・プロセッサの設計と評価,” LSIとシステムのワークショップ2018, 東京, 2018年5月.
  2. (予定)佐野京佑, 鈴木雅斗, 丸山晃平, 近藤真生, 田中雅光, 山下太郎, 井上真澄, 藤巻朗: “表面障壁の制御による超伝導三端子素子の可能性,” 第 94回低温工学・超電導学会, 東京, 2018年5月.
  3. (予定)【招待講演】田中雅光: “デバイス/回路/アーキテクチャの協創による超伝導超高速マイクロプロセッサ,” システム・アーキテクチャ研究会 (HotSPA2018), 山形市, 2018年6月.
  4. (予定)石田浩貴, 田中雅光, 小野貴継, 井上弘士: “単一磁束量子回路を用いた4ビットゲートレベルパイプライン・プロセッサの設計と評価,” システム・アーキテクチャ研究会 (HotSPA2018), 山形市, 2018年6月.

受賞

登録されているデータがありません。

PAGE TOP